韓経:3大民間シンクタンク「韓国の景気鈍化している」

  • 2018年5月21日

韓国政府内で触発された景気論争が民間に拡散する兆しだ。韓国を代表する民間シンクタンクは一斉に「景気が鈍化局面に入っている」と声をそろえた。景気低迷までではないが、回復傾向が鈍化しているのは確実だという主張だ。経済学者の間でも景気をめぐる論争が激しくなっている。

20日にマクロ経済を分析する現代経済研究院、韓国経済研究院、LG経済研究院の3大民間シンクタンクの現在の景気状況判断を確認した結果、3カ所のいずれも「景気が鈍化している」という診断を下した。政府系シンクタンクである韓国開発研究院(KDI)だけが唯一「まだ回復傾向は有効だ」という意見を守り韓国政府と同じ見方を示した。

現代経済研究院と韓国経済研究院は3月の製造業生産指標が良くない上に、4月の輸出が減少傾向に転じた点に注目した。景気が回復局面ならば3カ月連続で就業者数が20万人を下回ることはないという点も強調した。特に経済協力開発機構(OECD)の景気先行指数の流れが2カ月以上鈍化したのは普通ではないとした。

LG経済研究院もやはり1~2月にある程度持ち堪えた投資が3月から明確に鈍化していると評価した。半導体産業の景気主導力が弱まり昨年のように輸出と投資が牽引する急速な成長を期待しにくいというのがLG経済研究院の診断だ。3大民間シンクタンクはすべて「成長がますます弱まる可能性が高い」と予想する。

政府系シンクタンクであるKDIだけが「国際収支が良く物価もやはり安定的で、成長率や為替相場、株価すべて悪いとは言いがたい」として回復の流れが有効だという韓国政府の立場に力を与えた。

経済専門家らは政府の景気判断が正確でこそ危機の時に先制対応できるだけに、景気が回復傾向という主張に固執するよりは耳を傾けて各界の意見を聞かなければならないと助言した。また、政策のタイミングを逃さないためには政策当局者間の相次ぐ行き違いも速やかに調整しなければならないと強調した。