韓経:青瓦台いつ知った?…金正恩・習近平大連会談、中国政府が事前に通知

  • 2018年5月9日

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は8日、中国と北朝鮮のメディアが北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と習近平中国国家主席の会談の事実を報道した直後に中国政府から事前に通知されていた事実を公開した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日記者らに送ったメッセージで、「習主席と金正恩委員長の大連での会談事実は中国政府が韓国に事前に知らせていた。金委員長はきのう(7日)大連に入り、きょう(8日)平壌(ピョンヤン)に戻ったと中国政府が通知した」と明らかにした。金報道官は「(金正恩委員長が中国に滞在した期間は)1泊2日だった」と付け加えた。

前日に大連市ではものものしい警護が繰り広げられ北朝鮮の最高位級要人が訪問したとの噂が広がったが、青瓦台はこの日午後まで「相当な重きを置いて鋭意注視している」とだけ明らかにしていた。中国政府が事前に知らせたのではないかとの質問には「具体的な内容を明らかにすることはできない」と答え可能性を示唆しただけで事実関係を確認することはなかった。

青瓦台はこの日夕方に中朝のメディアを通じ韓国国内に習主席と金正恩委員長の会談の事実が伝えられてから10分ほどしてから中国と事前に内容を共有していた事実を明らかにした。青瓦台関係者は「外交慣例上通知の事実を明らかにできなかった。韓中間で緊密な疎通がされている」とした。中国政府は3月28日にも金正恩委員長の初の訪中事実を発表する前に韓国側にあらかじめ知らせている。