韓経:「2人目の韓国人宇宙飛行士輩出を支援したい」

  • 2018年4月4日

韓国初の宇宙飛行士、李素妍(イ・ソヨン)氏

「韓国人のうち地球から最も遠くに行った人物、BBCが選定した最も先駆的な女性7人の一人、各種論議を呼んだ主人公になった不運な宇宙飛行士」。

韓国初の宇宙飛行士、李素妍(イ・ソヨン)氏(40)に対する評価だ。李氏は2008年4月8日、韓国人で初めてロシアの「ソユーズ」号に乗って400キロ上空の国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗し、11日間にわたり宇宙に留まった。結婚して米国で暮らしている李氏が宇宙飛行士輩出10年を迎えて韓国を訪問した。

李氏は3日、大田(テジョン)儒城(ユソン)インターシティホテルで開かれた韓国マイクロ重力学会で「韓国がいつか宇宙飛行士事業を再開し、任務が与えられれば、帰ってきて2人目の韓国人宇宙飛行士の輩出を支援したい」と述べた。続いて「宇宙飛行士事業が終わって残念だからといって第2の宇宙飛行士事業をむやみに再開するのも望ましくない」とし「すぐに宇宙飛行士をISSに送らなくても、国際協力を通じて宇宙科学実験をする形でいくらでも宇宙飛行士事業を継続できる」と話した。

李氏は2006年12月、3万6202倍の競争率を突破して高山(コ・サン)氏(エイチームベンチャーズ代表)と共に初の韓国人宇宙飛行士候補に選抜された。全国民の期待を集めた事業は3年間の一度きりの事業で終わり、韓国初の宇宙飛行士は記憶から徐々に忘れられた。李氏も帰還後、韓国航空宇宙研究院で研究員生活をしていたが、2012年に休職して突然、米国に留学した。米UCバークレーで経営学修士(MBA)を取得し、韓国系米国人の眼科医師と結婚した。現在は2年制大学で数放者(数学放棄者)の学生を教え、時々、科学コミュニケーションの活動をしている。