韓経:WTOセーフガード委員会議長に韓国人

  • 2018年3月29日

駐ジュネーブ韓国代表部のクォン・ヒョグ参事官

駐ジュネーブ韓国代表部のクォン・ヒョグ参事官が26日(現地時間)、世界貿易機関(WTO)セーフガード委員会の議長に選ばれた。

WTOセーフガード委員会は、商品貿易理事会傘下の11委員会の一つでセーフガードの発動要件、被害補償など「WTOセーフガード協定」の履行を監督する機関だ。クォン参事官は行政高等試験第45回出身で、産業通商資源部の自由貿易協定(FTA)交渉総括課長を務めた。

政府は通商の舞台で韓国の地位が高まるものと期待している。