韓経:公務員年金の負債急増のせいで…韓国、昨年の国家負債1500兆超

  • 2018年3月27日

国家負債が昨年、史上初めて1500兆ウォン(約147兆3058億円)を突破した。公務員・軍人年金の充当負債が昨年93兆ウォンを超えて急増しながら845兆ウォンに増えたのが最も大きい影響を与えた。文在寅(ムン・ジェイン)政府が公約通りに任期中の公務員17万4000人を増員すれば年金充当負債がさらに急速に増え、国民負担を増加させる恐れがある。政府は26日、閣僚会議を開いてこのような内容を盛り込んだ「2017会計年度国家決算」報告書を審議・議決した。報告書は監査院の決算審査を経て5月末、国会に提出される。

◆年金の充当負債93兆ウォン急増

企業会計のような「発生主義」の原則にしたがって作成された政府の財務諸表を見ると、国家の資産は昨年末2063兆2000億ウォン、借金は1555兆8000億ウォン、純資産(資産-負債)は507兆4000億ウォンだった。負債は2016年1433兆1000億ウォンより122兆7000億ウォン(8.6%)増えた。公務員と軍人に支給する年金を現在の価値で割引した年金の充当負債が2016年752兆6000億ウォンから昨年845兆8000億ウォンへと93兆2000億ウォン(12.4%)急増したのが大きい影響を及ぼした。全体の負債で年金の充当負債が占める割合も2016年52.5%から昨年54.4%に2%ポイント近く増えた。財政赤字を保全するための国債発行残額は昨年626兆8000億ウォンで、前年より31兆8000億ウォン増えた。

◆大きくなる国民負担

企画財政部関係者は「年金の充当負債増加額(93兆2000億ウォン)の中で82兆6000億ウォンは現在の価値割引率が引き下がったことによる会計的効果で、実質的な増加分は10兆6000億ウォン水準」とし「実際の年金支出額も公務員と軍人在職者などが納付する寄与金などでまず充当するため、充当負債全額を国民が負担するわけではない」と説明した。だが、公務員と軍人年金はいずれも出す資金より受ける資金が多い構造であるだけに、年金の充当負債の相当部分は結局国民税金で埋めるしかないというのが専門家たちの指摘だ。徳星(トクソン)女子大学会計学科のキム・イベ教授(韓国政府会計学会長)は「政府が任期中に公務員17万4000人を増員すれば、年金の充当負債と国民負担ははるかに大きくなるだろう」としながら「需要を緻密に改めて確かめ、必ず必要な公務員だけを補充しなければならない」と話した。

◆管理収支の赤字は減少

中央政府が必ず返すべき国家債務は627兆4000億ウォンで、前年(591兆9000億ウォン)より35兆4000億ウォン増えた。地方政府の債務まで含めた国家債務(D1)は前年より33兆8000億ウォン増加した660兆7000億ウォンだった。昨年の総収入(430兆6000億ウォン)から総支出(406兆6000億ウォン)を抜いた統合財政収支は24兆ウォン黒字(GDP対比1.4%)だった。だが、政府の実質的な「経営状態」を見せる管理財政収支(統合財政収支で社会保障性基金収支は除外)は18兆5000億ウォン赤字(GDP対比-1.1%)だった。