韓経:日本・米国・欧州に食い込む「韓国ドラマ熱風」…ニュー韓流の呼び水に

  • 2018年3月15日

ドラマ『シグナル』(写真提供=tvN)

「韓国ドラマ」が日本・米国・欧州など「ドラマ強国」市場に安着している。中国・東南アジアなどを中心にリメークされていた韓国ドラマが先進各国に本格的に販売されているだけでなく、好反応も得ている。2013年KBS(韓国放送公社)で放映されたドラマ『グッド・ドクター』を原作にした米国版『グッド・ドクター』のシーズン2の制作が決まった8日のニュースが代表的だ。昨年9月から米国ABC放送で放映中のシーズン1が大きな人気を獲得したことを受け、原作にはなかった新シーズンが新たに制作されることになった。韓国作品のあらすじやコンセプトなど、フォーマットをそのまま使ってリメークされた米国ドラマがシーズン2まで作られるのは初めてだ。

これだけではない。韓国ドラマが相次いで日本でもリメークされ、主要チャネルで放映される。tvNの『シグナル』は来月からフジテレビ系の関西テレビで『シグナル 長期未解決事件捜査班』として、同tvN『記憶』(邦題『記憶~愛する人へ~』)は今月21日からフジテレビで『フジテレビONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作 連続ドラマ「記憶」』として登場する。ストーリー強国に作品が紹介されるにとどまらず、韓国ドラマ熱風を起こすだろうとの期待が高まっている。

◆医学ドラマ、推理物に「共感」

このような変化は韓国ドラマのジャンル物の進化に伴う結果だと分析されている。以前の韓国ドラマは大家族中心か、出生の秘密や不倫などいわゆる「マクチャン(どん詰まり)」的な要素が多かった。外国人は情緒的に共感しにくい部分が多く、海外販売が難しかった。フォーマット輸出が芸能中心だったのもこのためだ。業界関係者は「最近では国籍に関係なく楽しむことができる興味深いジャンル物が次々と出てきて雰囲気が大きく変わった」と伝えた。

『グッド・ドクター』のような医学ドラマは世界でよく描かれている素材なので、多くの共感を得ている。『グッド・ドクター』はシーズン1から新記録を作っていった。平日午後10時プライム時間帯に放映されたのも韓国ドラマ初だ。平均視聴率1.8%で過去3年間で放送されたABC放送全体ドラマ視聴率のうち2位を占めたのも歴代最高記録だ。ABC放送は「ドラマが持つ包容のメッセージが視聴者の大きな反響を呼んでシーズン2の制作につながった」と明らかにした。

『シグナル』のような推理ドラマは日米で根強い人気を集めてきたジャンルだ。一定水準以上の制作品質を確保し、主要輸出分野に急浮上した。CJE&Mグローバルコンテンツのソ・ジャンホ事業局長は「韓国だけの斬新な素材をベースにスピード感のある展開、吸引力のあるストーリーまで備えているという評価を受けている」と説明した。

このような雰囲気はキャスティングにも影響を及ぼしている。日本で放映される『シグナル』と『記憶』には有名スターの出演が実現した。過去の韓国ドラマリメーク作には知名度があまり高くない俳優が起用されていたこととは対照的だ。映画『君と100回目の恋』などで大きな人気を集めた坂口健太郎が俳優イ・ジェフンが演じたプロファイル刑事を演じる。キム・ヘスが演じたチャ・スヒョン刑事役はドラマ『のだめカンタービレ』『LIAR GAME』に出演した吉瀬美智子、チョ・ジンジュンのイ・ジェハン刑事役はドラマ『ガリレオ』で熱演した北村一輝が演じる。日本版『記憶』では、俳優イ・ソンミンが演じた主人公弁護士役に、日本を代表するベテラン俳優であり、映画『四十七人の刺客』などに出演した中井貴一がキャスティングされた。

◆完成作の輸出もより活発に

フォーマットの輸出だけでなく、完成作の販売も活発化している。原作そのままで、字幕あるいは音声吹き替えによって放送する形だ。

この場合も推理ドラマ中心のジャンル物が主に販売されている。韓国チャネルのうち、ジャンル物ドラマを最も多く制作しているOCNチャネルの作品が代表的だ。昨年放映された『トンネル』(邦題『愛の迷宮‐トンネル‐』)、『ボイス』(邦題『ボイス~112の奇跡~』)、『デュアル』などはどれもグローバルOTT(オンライン・ストリーミング・サービス)企業のNetflix(ネットフリックス)を通じて、米国・フランス・ベルギーなどに販売された。

Netflixに作品を販売する時は、同社が進出している190カ国全てではなく、一部地域を限定することもできる。この作品の販売はジャンル物の需要が高い地域に集中する方法で進められた。