韓経:鉄鋼で関税爆弾浴びる韓国…米国からの武器輸入は2倍に増加

  • 2018年3月13日

昨年韓国の米国からの武器輸入規模が前年の2倍を超えたと集計された。2008~2017年の10年間に米国からの武器輸入規模は28兆ウォンで全武器輸入の76%に達した。トランプ政権が自国企業と雇用を保護するために鉄鋼、洗濯機、太陽光パネルなどで韓国企業を固く締めつけているのと対照的との指摘が出ている。

12日に防衛事業庁が国会国防委員会に提出した資料によると、韓国の昨年の米国からの武器輸入規模は1兆3400億ウォンで前年の6080億ウォンの2倍を超えた。昨年の全武器輸入1兆8300億ウォンのうち米国の武器の割合は74%に達し、残りは英国が9%、イスラエルが6%、ドイツが4%などを占めた。10年間の米国からの武器輸入規模は総額28兆1500億ウォンで全武器輸入36兆7300億ウォンの76%に達した。軍関係者は「昨年北朝鮮の挑発脅威が高まり緊急導入した米国の武器が多かった。韓米合同演習の効率的な運用に向け米国製武器輸入が避けられない側面もある」と話した。スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、2010~2016年の米国の主要武器輸出先のうち、韓国はサウジアラビア、オーストラリア、アラブ首長国連邦に続き4位を記録した。

昨年韓国が導入した米国の武器では北朝鮮のミサイル攻撃に先制打撃が可能な「キルチェーン」に関連したものが多かった。世界1位の防衛産業業者米ロッキードマーティンの地対空誘導ミサイルの「パトリオット(PAC3)」、ノースロップグラマンの高高度偵察無人機「グローバルホーク」などだ。韓国空軍の次世代戦闘機に選ばれたロッキードマーティンのF-35Aも昨年契約がなされ、世界最大の航空宇宙企業の米ボーイングのアパッチヘリコプターも昨年追加導入された。

このほかに韓国軍は既に導入した米ゼネラルエレクトリック(GE)の戦闘機エンジン、レイセオンの艦対空ミサイル(SM-2)などに対し毎年莫大なメンテナンス費用を支払っていることが明らかになった。韓国の米国製武器輸入が急増したのに対し、米国への武器輸出は急減した。防衛事業庁によると昨年北米地域への武器輸出は3億4000万ドル規模で前年の11億3400万ドルの3分の1水準だった。武器分野でのこうした貿易不均衡は相当期間続くと予想される。

トランプ大統領が昨年11月に訪韓し文在寅(ムン・ジェイン)大統領に韓米自由貿易協定(FTA)改定、防衛費分担交渉などとともに米国製武器購入を要求したためだ。