韓経:金煥基・李仲燮・草間彌生…130億台の美術品オークション祭り(2)

  • 2018年3月12日

金煥基の『南東風24-Ⅷ-65』

7日、ソウルオークションの春季オークションから『牛』で作家自身の最高額(47億ウォン)を塗り替えた李仲燮の両面画(画面の前と後ろに描いた作品)もオークションに出る。前面にカニと子供たちを面白く表現し、裏面に鶏とカニを描いて超現実的な雰囲気を凝縮した。推定価格は2億~5億ウォンだ。

李禹煥(イ・ウファン)、朴栖甫、鄭相和(チョン・サンファ)、劉永国、尹亨根(ユン・ヒョングン)など韓国の代表的な単色画家の作品も出品された。朴栖甫の1977年初期作品『妙法No.23-77』(9億~16億ウォン)、李禹煥の1987年作『風と共にS8708-50』(2億2000万~4億5000万ウォン)が出品され、鄭相和の1988年作『無題88-7-18』は3億ウォンから始まる。金昌烈の1977年代大作『水滴No.L1』(5億~6億ウォン)、構想彫刻の巨匠、権鎮圭の秀作『女性挫傷』も目を引く。海外作品では草間の『Infinity Net』(11億5000万~15億ウォン)の他に米国ポップアーティストの巨匠ロイ・リキテンスタイン、ロバート・ラウシェンバーグ、アレックス・カッツなどの秀作もオークションに出る。

◆秋史・金正喜の書道作品も注目

仏教関連作品や文字、陶磁器など珍しい古美術品も多く出品される。秋史・金正喜の文字が断然目立つ。師匠の翁方綱に対する尊敬と愛情を込めて書いた行書体『竹斎・花嶼』と『小霊隠』『復初斎詩集』など3点で構成された。推定価格は2億~3億ウォンだ。釈迦の拈花微笑(釈迦が花を手にして笑う)が見られる『石造如来坐像・石造台座』、絹に金粉を塗って仏教の守護神を表現した『帝釈天龍図』なども比較的安い価格で新しい主人を探す。

Kオークションのイ・サンギュ代表は「国際市場が次第に回復傾向を見せており、金煥基をはじめとする近現代画家、単色画、古美術品などを出品する」と話した。出品作は21日、新寺洞本社展示場で無料で鑑賞できる。