韓経:<MWC>5G三国志…韓国「世界初商用化」vs中国「通信崛起」vs日本「5G東京五輪」

  • 2018年2月28日

スペイン・バルセロナで開催中の移動通信博覧会「MWC2018」。26日(現地時間)、サムスン電子とSKテレコムのブースが観覧客で混雑している。(写真共同取材団)

スペインのバルセロナで開催されている世界最大のモバイル展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2018」の最大関心事は5G(第5世代移動通信)だ。5G技術の国際標準選定を上半期に控え、各国通信企業の主導権争いがさらに激化する雰囲気だ。

韓日中を代表するトップ通信企業SKテレコム、チャイナモバイル、NTTドコモの最高経営責任者(CEO)は26日(現地時間)、相次いで記者会見と基調演説をし、5G時代をリードしていくという意志を表した。展示場ごとに5G技術を取り入れた自動運転車、ロボットなどを展示し、「友軍」を確保するためのパートナーシップ締結も続いた。

◆東京五輪に合わせて5Gを強調する日本

NTTドコモ展示場では5Gの超低遅延性(信号伝達時間が非常に短い特性)を利用した「ヒューマノイドロボット」が観覧客の注目を集めた。ロボットが人の動きに従って紙の上に筆で5Gを意味する漢字「五」を書いたが、使用者とロボットが5Gネットワークで連結され、時差は全く感じられなかった。同社は東京オリンピック(五輪)が開催される2020年までに5Gサービスを商用化する予定だ。東京五輪で平昌(ピョンチャン)冬季五輪より一次元高い5G基盤のスポーツ中継をするという計画だ。

吉澤和弘NTTドコモ社長は「5Gはネットワークとサービスを同時に具現することが重要であり、これは生態系を構築してこそ可能」とし「モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ドローン、フィンテックなど、さまざまな分野の企業と『5Gオープンパートナープログラム』を推進中だが、610社が関心を表した」と述べた。同社はトヨタと提携して5Gコネクテッドカー(超高速通信ネットワークと連結した自動車)を製作することにした。建設会社の重装備の遠隔制御、大学病院と地域医療機関をつなぐ遠隔医療なども研究している。

◆「5G崛起」に大規模投資する中国

通信技術分野で遅れを取ってきた中国は5Gを通じて「崛起」を狙っている。中国政府は2020年に5Gを商用化し、2030年に5G最強国になるという目標のもと、5000億元(約8兆5000億円)を投入する大規模な投資計画を出している。

チャイナモバイルはMWCの期間中、ノキア・エリクソンなど大型通信企業とパートナーシップを締結した。尚氷チャイナモバイル会長はこの日の演説で「情報通信技術(ICT)産業革新は一つの企業が独自でできることではない」とし「いくつかの企業と緊密に協業し、5G市場のパイをさらに拡大して各国の経済発展にも寄与したい」と述べた。

中国と日本の追撃が激しいが、現在としては3Gと4Gに続いて5Gの商用化も韓国が最初に成功する可能性が高い。KT、SKテレコム、LGユープラスなど韓国通信企業は来年3月を目標に世界初の5G商用サービスを準備している。当初、2019年12月が目標だったが、9カ月繰り上げた。早期商用化に成功すれば、標準技術を獲得して市場を掌握するうえではるかに有利になる。韓国政府は今年上半期に5G周波数の競売を終える計画だ。韓国の早期商用化に刺激された主要国が相次いで5G商用化の時期を操り上げる動きも感知されている。

◆「5Gネットワークは国富創出源であり国格」

SKテレコムは世界初の5G商用化を必ず達成するという意志を強調した。朴正浩(パク・ジョンホ)SKテレコム社長は「5Gを世界で初めて商用化することは非常に重要」とし「5Gは物と情報技術(IT)世界を結びつける最初のインフラストラクチャーであるため」と述べた。続いて「最初に5Gインフラを導入すれば革新的な企業と人材が韓国に集まり、国富を創出することができる」とし「5Gネットワークはその国の『国格』」と話した。同社は今年のMWC展示場を「パーフェクト5G」というテーマで構成し、5G基地局を設置した後、360度映像通話を試演し、自動運転車も公開した。

韓国電子通信研究所によると、世界5Gサービス市場規模は2020年の378億ドル(約40兆ウォン)から2025年には7914億ドル(約845兆ウォン)に急成長する見込みだ。チョン・ホンボムKT融合技術院インフラ研究所長は「3GPP(世界移動通信機構)の5G NR標準が出て、サービスと技術が具体化されている」とし「通信企業はさらに多様な応用サービスを出すだろう」という見方を示した。