韓経:大韓航空、円建て債券発行…私募方式で100億円

  • 2018年2月28日

大韓航空が100億円相当の外貨建て債券を発行して資金を調達した。1年前の円建て債券発行時より金利を低くした。

金融投資協会が27日に明らかにしたところによると、大韓航空はこの日私募方式で総額100億円規模の円建て変動利付債(FRN)を発行した。債券は2種類で、60億円分は満期3年で金利は円3カ月ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に3.30%を加算した水準で決定された。この日基準で年3.23%だ。

残り40億円分は満期3年の間に8回にわたり分割償還する条件で円3カ月LIBORに2.8%を加算した。この日基準で金利は年2.73%だ。主幹事はKB証券だ。

今回の円建て債の発行は満期が到来した債券の借り換えが目的だ。2015年2月に発行した100億円分のFRN満期がこの日到来した。大韓航空は世界で事業をしているためウォンだけでなくドル、ユーロ、円など多角化された通貨建ての債券を保有している。各国で必要な運営資金として活用するためだ。