韓経:外国人戻ってくるか…韓国証券市場に関心集まる

  • 2018年2月19日

グローバル証券市場が回復し韓国証券市場に外国人の投資資金が再び流入するかに市場の関心が集まっている。投資心理が安定を取り戻しているだけに可能性が高いというのが証券業界の分析だ。

外国人投資家は先月30日から有価証券市場で売り攻勢に出て12日までただ1日(8日)を除き9取引日にわたり売り越しを続けた。この期間に外国人投資家は2兆7667億ウォン分を売った。KOSPI指数は8.19%下落した。だが旧正月連休を控えた13~14日の2日間は連続で買い攻勢に出て4831億ウォン分を買い越した。これに力づけられ韓国証券市場も反騰に成功した。

証券市場が調整を受ける期間にも韓国など新興国に投資するグローバルファンドからは資金流入が続いた。グローバルファンド情報会社のエマージングマーケットファンドポートフォリオリサーチ(EPFR)によると、先月31日から今月7日まで韓国など新興国市場に投資するグローバルエマージングマーケット(GEM)ファンドには51億1680万ドルが純流入した。このファンドには昨年12月27日から7週連続で資金が流れ込んだ。

専門家らは「外国人資金が本格的に韓国証券市場に戻ってくれば外国人投資比重が急減した大型株の反騰幅が大きくなるだろう」と予想する。

金融情報会社のワイズFNによると1日から13日まで有価証券市場の時価総額順位100位内の大型株のうち外国人持ち分率が最も大きく減少した銘柄はカカオだった。先月末の31.0%から13日が24.15%で6.85ポイント減った。カカオの1-3月期の営業利益コンセンサス(証券会社見通し平均)は452億ウォンで、前年同期の383億ウォンから17.91%増加すると予想される。セルトリオン(外国人持ち分率2.02ポイント減少)、LGイノテック(1.97ポイント)、サムスンSDI(1.30ポイント)、サムスンエンジニアリング(1.19ポイント)、韓国金融持ち株(1.03ポイント)なども外国人持ち分率が縮小した銘柄だ。

信用資産運用のホ・ナムグォン社長は「KOSPI指数の調整期間に業績は悪くないのに株価が急落した銘柄が多い。これらの中からバリュエーション(業績比の株価水準)魅力が大きくなった銘柄を中心に上がる兆しを見せるだろう」と予想した。