韓経:<平昌五輪>韓国選手、金メダル取ったらいくらもらえる?

  • 2018年2月12日

五輪金メダリストは名誉と富を一度に手にする。平昌(ピョンチャン)冬季五輪韓国チームで最初に金メダルを獲得した「イケメンスケーター」林孝俊(イム・ヒョジュン、22)も同じだ。

4年間の地獄のトレーニングは辛かったが報賞は甘い。国際オリンピック委員会(IOC)が与える褒賞である金メダルは実物そのものにそれほどの値打ちはない。重さ586グラムの平昌冬季五輪金メダルの実物の価値は570ドルにすぎない。実際の構成成分の98.98%に当たる580グラムが銀であるためだ。金は1.02%の6グラムしか使われていない。

だが韓国政府が税金から与える褒賞金はかなり良い。韓国は金メダリストに6000万ウォン(約600万円)、銀メダルに3000万ウォン、銅メダルに1800万ウォンを与える。年金も別に与える。金メダルの場合、国民体育振興公団が毎月100万ウォン、銀メダルは75万ウォン、銅メダルは52万5000ウォンの年金を与える。本人が死亡する時までだ。一時金として6720万ウォンを受け取れる。2冠王や2連覇は最高50%(2連覇)の加算金がつく。だがメダルを複数取っても年金が月100万ウォンを超えることはない。

種目別に協会や選手を輩出した自治体などが個別に用意する褒賞金を期待することもできる。2016年リオ五輪ではゴルフ協会が金メダルに3億ウォンを用意し、朴仁妃(パク・インビ、30)がこの褒賞金を受け取った。今回の平昌冬季五輪では大韓スキー協会が金メダルに3億ウォン、銀メダルに2億ウォン、銅メダルに1億ウォンずつを与えることにした。林孝俊が所属するスケート連盟はしかしまだどの水準で褒賞するのか明らかにしていない。林孝俊をモデルに起用したビザカードの金メダルボーナスも期待してみる必要がある。ビザカードはウェアラブルクレジットカードのテレビ広告を放映してからいくらも経たずに金メダルのニュース便りを受け取った。もうひとつある。兵役の恩恵だ。銅メダルだけ取っても軍服務が免除される。