韓経:ビール販売する平昌の競技場…「飲酒応援に適応せよ」

  • 2018年2月1日

2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪の競技場でプロ野球のように熱を帯びた「飲酒応援」を見ることになる見通しだ。

平昌五輪組織委員会が31日に明らかにしたところによると、五輪観覧客は五輪競技場内の売店でプラスチックカップに入ったビールを買って飲める。観覧客には「楽しみの要素」が、一部種目の選手には変数がもうひとつできた。熱を帯びた応援で起きるほかない騒音だ。高度な集中力が必要なカーリングは騒音管理が重要な代表種目だ。カナダ女子カーリング代表チームは「騒がしい雰囲気への適応」を最大の課題に挙げた。カナダ代表チームのスキップ(主将)を務めるレイチェル・ホーマンは「平昌五輪の競技場でビールを売るという話を聞いた。カーリング人気のために良いことだ。カギは適応だ」と話した。組織委員会によると2010年のバンクーバー冬季五輪競技場でもビールを販売した。