韓経:【写真】大韓航空「全世界を飛び回りながら平昌五輪をPR」

  • 2018年1月11日

2018年平昌冬季五輪大会マスコットキャラクターの「スホランとバンダビ」がラッピングされた大韓航空の旅客機。

大韓航空が「2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)およびパラリンピック」をPRするために大会マスコットキャラクターの「スホランとバンダビ」がラッピングされた旅客機を運営すると10日、明らかにした。

この旅客機はパラリンピック閉幕日である3月18日まで世界の空を飛行し、平昌冬季五輪をPRする広報使節の役割を果たす。

大韓航空はまた、18日に開場する仁川(インチョン)国際空港第2旅客ターミナルにスホランとバンダビの人形を飾り、「平昌冬季五輪フォトゾーン」を設けるなど各方面から大会を支援していく考えだ。