韓経:サムスン電子、5G主導権つかむ…米国ベライゾンに通信装備供給

  • 2018年1月5日

サムスン電子が米国最大移動通信事業者のベライゾンと手を取り北米の5G(5世代)移動通信装備市場に進出する。

サムスン電子は4日、ベライゾンと5G技術を活用した固定型無線アクセス(FWA:fixed wireless access)サービス通信装備供給契約を締結したと発表した。5G FWAは有線の代わりに無線で各家庭に超高速通信サービスを提供する技術だ。インターネットTV(IPTV)と超高速インターネット・サービスを有線ケーブルの代わりに5G電波で提供する形だ。土地が広く超高速インターネット普及率が10%前後に過ぎない米国でこの方式を利用すればケーブル埋設費用とサービス準備時間を縮小することができるという長所がある。

ベライゾンは昨年7月から米国11都市に5G FWAテストサービスを提供している。ことし下半期の商用サービス開始を目標とした。今回の契約締結でサムスン電子は初めての商用サービス予定都市であるサクラメントを含む7都市にベライゾン独自の通信規格である5G TF(Technology Forum)基盤の通信装備、家庭用端末(CPE)、ネットワーク設計サービスを供給することになる。ベライゾンは今後、5G FWAサービス範囲を米国全域3000万世帯に拡大する計画だ。ベライゾンのエド・チャン最高技術設計担当(CTA)は「数年前から議論してきた5G FWA技術をついにサムスン電子とともに現実に作ることになった」と話した。

業界ではベライゾンが準備していることし下半期の5G FWAサービスが世界最初の5G商用サービスになるだろうという評価も出ている。しかし、スマートフォンなどモバイル基盤の通信サービス提供を厳密な意味の5Gサービスとみるべきだという意見が高まっている。KTなど韓国内の通信社は来年上半期にモバイル基盤の5G商用サービスを始める計画だ。

通信業界関係者は「現在の技術水準を考慮すると韓国が5G移動通信商用サービスを一番最初に始める可能性が高い」と話した。