韓経:【社説】韓米同盟と北核共助をテストする金正恩の新年の辞

  • 2018年1月2日

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が対南融和策と対米脅迫を盛り込んだ新年の辞をきのう出した。金正恩は肉声での演説で「南朝鮮(韓国)で遠からず開かれる冬季五輪は民族の地位を誇示する良い契機であり成功的開催を望む。(平昌に)代表団を派遣する用意があり、このために北南当局が至急に会うこともできる」と述べた。彼は「だれとでも対話と接触の往来の道を開いておく」ともした。額面通りならばすぐにでも平昌(ピョンチャン)五輪参加と対話の糸口が開かれるような言及だ。

だが「平昌五輪参加」にさまざまな条件と端緒をいっぱいにぶら下げた。金正恩は「(南朝鮮当局は)すべての核戦争演習を止めるべきで、米国の核装備と侵略武力を引き込む一切の行為を片付けなければならない」と釘を刺した。米国に向けては「米国本土全域が核打撃射程圏内にあり、核ボタンが私の事務室の机の上に常に置かれているということは決して威嚇ではなく現実であることをしっかりとわからなければならない」と威嚇した。その上で「わが民族同士」を何回も強調した。

金正恩のメッセージは明確だ。韓国には対話を口実に韓米軍事演習の中断、戦略資産撤収などを要求し、米国には核保有国の地位を認めるよう圧迫したのだ。「核武力完成」「机の上の核ボタン」など脅迫の表現水準をより高めた。「韓半島(朝鮮半島)の運転台は私が握っている」という露骨な宣言と変わらない。

北朝鮮は変わっていない。韓半島の緊張を高めさせてきた核・ミサイル挑発は引っ込めておき防衛訓練に文句を付けるのも変わりない。平昌五輪と南北対話をてこにし、国際社会の制裁による困難を打開しようとする意図も裏にある。変わったのは対南・対米戦略を分離したツートラック戦術だけだ。

平昌五輪が差し迫るほど「北朝鮮の核方程式」はさらに複雑に絡まっている。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は金正恩の新年の辞に「歓迎する」という立場を出したが、悩みは並大抵ではないだろう。対話さえすればすべてが解決するという対話万能論は止揚しなければならない。金正恩はいま、韓米同盟と北核共助をテストしている。