韓経:青瓦台、平昌五輪の北朝鮮参加問題「IOCと緊密に協議中」

  • 2017年12月18日

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は17日、50日余り先に迫った平昌(ピョンチャン)冬季五輪への北朝鮮の参加問題と関連し、国際オリンピック委員会(IOC)と緊密に協議していると明らかにした。

青瓦台のユン・ヨンチャン国民疎通首席秘書官はこの日の会見で、「北朝鮮と直接対話するのではないがIOCをはじめとする関係機関が北朝鮮の平昌冬季五輪参加のために努力していると承知している。われわれもIOCなどと緊密に協議している」と話した。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領と習近平中国国家主席は14日に北京での首脳会談で平昌冬季五輪の北朝鮮参加が南北関係改善と北東アジアの緊張緩和に寄与するだろうということで認識が一致し、このためにともに努力することにした。ユン首席秘書官は韓中日3カ国首脳会談開催と関連し「これまで中国側の事情により韓中日首脳会談が遅れていたが今回の文大統領と李克強中国首相の会合で李首相が首脳会議に肯定的な意見を示した。早い時期に開けるか注視している」と話した。