韓経:「北朝鮮、寧辺原子炉の使用済み燃料棒引き上げ・再処理の可能性」

  • 2017年11月3日

韓国国家情報院は2日、北朝鮮が年末に寧辺(ヨンビョン)原子炉で使用済み燃料棒の引き上げと再処理活動を行う可能性があると明らかにした。

北朝鮮の第6次核実験後、3度にわたり後続地震が発生し、豊渓里(プンゲリ)2番坑道が損壊した可能性がある一方で、3番坑道は核実験が可能な状態を維持しているものと把握された。

国家情報院はこの日、国会情報委員会の非公開国政監査で北朝鮮の動向をこのように報告した。国家情報院は「今後、北朝鮮は更なる核実験と核弾頭の小型化・多種化を持続的に推進するだろう」とし、「平壌にあるミサイル研究施設で車両の活発な動きが見られるなどミサイル発射の可能性がある」と明らかにした。

国家情報院は金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が最近見せしめ式の粛清を再開し、労働新聞社の幹部をミサイル発射祝賀行事を1面に掲載しなかったという理由で革命化措置し、平壌(ピョンヤン)高射砲部隊装置部長を腐敗の疑惑で処刑したと伝えた。韓国内外の金融会社に対して北朝鮮がハッキングを試みたことが何度も捉えられたことも確認された。

与野党は国政監査で朴槿恵(パク・クネ)政府の国家情報院特殊活動費の青瓦台(チョンワデ、大統領府)上納などをめぐり攻防を行った。国家情報院は李在萬(イ・ジェマン)元青瓦台総務秘書官、アン・ボングン元国政広報秘書官などに渡った数十億ウォンの役割に関し、検察捜査結果を見てわいろの是非を判断すると明らかにした。徐薫(ソ・フン)国家情報院長は青瓦台に支給したお金が統治資金支援なのか、わいろなのかを問う質問に「特殊工作事業費として使った」と答えたと情報委国民の党幹事である李泰珪(イ・テギュ)議員が会見で伝えた。

共に民主党の議員らは国家情報院の積弊清算と関連して「国家情報院の職員が国政に介入したことを痛烈に反省し、新しい情報機関に生まれ変わらなければならない」と要求した。

一方、自由韓国党の議員らは「国家情報院の積弊清算タスクフォース(TF)が李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵政府のことばかり調査するのは公平性に問題がある」とし、「金大中(キム・デジュン)・廬武鉉(ノ・ムヒョン)政府の疑惑事案についても調査してほしい」と促した。