韓経:ノーベル文学賞、誰が抱くだろうか…グギ・ハルキ・アトウッドの「巴戦」

  • 2017年9月26日

ことしのノーベル文学賞受賞の光栄は誰に戻るだろうか。ノーベル文学賞の発表が来月5日、または12日に近づき、世界文学界が忙しい。昨年、小説家、詩人、評論家でなく、米歌手ボブ・ディランが受賞者に選ばれ、ことしの受賞者選定により関心が集まっている。

ノーベル賞受賞者に関連して高い適中率を見せてきた英ベッティングサイト「ラッドブロークス」はケニアの小説家グギ・ワ・ジオンゴ、世界的なベストセラー作家である日本の村上春樹、カナダの小説家マーガレット・アトウッドを文学賞候補者として先に挙げている。出版社は受賞可能性が高い作家の新作出版を準備し、すでに出版された本の表紙デザインを新しく変えるなど準備を急いでいる。

◆反体制文学の大物、グギ・ワ・ジオンゴ1位

ラッドブロークスで最も有力な受賞候補に選ばれた人は配当率4:1のケニアの小説家グギ・ワ・ジオンゴだ。4:1の配当率は選ばれれば4倍の配当を受けることができるということだ。植民地時代を背景に反体制的な文学に集中した彼は1977年、新植民主義問題を暴いた作品『血の花弁』を発表した後、独裁政権によって投獄された。1982年、米国に亡命して教授と作家として活動している。韓国にも『一粒の麦』(イチョウ)『血の花弁』〔民音社(ミンウムサ)〕などの代表作が翻訳されている。ノーベル文学賞が大陸別、ジャンル別に配分する傾向がある点がグギの受賞の可能性を高めている。2003年以降、アフリカから受賞者が一人も出ていない。

2位は村上春樹だ。彼は個人主義と虚無主義を前面に出して彼ならではの独特な作品世界を作り出した。アジア作家としては珍しく欧州圏を含む約50カ国で本が翻訳され、人気を独占した。彼は「ノーベル文学賞の前に受ける賞」として知られているチェコのフランツ・カフカ賞を2006年に受賞し、ノーベル文学賞候補の常連だ。作品で個人と内面に集中してきた彼が7月に出版された『騎士団長殺し』(文学ドンネ)では中国南京大虐殺という事件を扱ったのはノーベル賞受賞のための布石という分析もある。

3位に上ったアトウッドは数年前まで候補リストに入ることすらできなかった作家だ。同じ国籍であるカナダ作家のアリス・マンローが2013年ノーベル文学賞を受けたためだ。しかし、彼の代表作『侍女の話』(民音社)で「トランプ時代」を予想したのが現実と正確に合致し、ことしの有力な候補に浮び上がっている。

民音社のパク・ヨヨン海外文学チーム部長は「『侍女の物語』はキリスト教原理主義者が支配する世界を描いている小説」とし、「トランプ支持者が女性や少数者を圧迫する状況と合致し、改めて人気を得た」と話した。韓国代表作家であるコ・ウン詩人は配当率16:1で候補順位10位に上った。

◆忙しい国内出版界

「ノーベル賞特殊」を控えて出版社も忙しい。ノーベル文学賞の常連候補作家の作品を多く出版してきた民音社は来月、アトウッドの作品のうちブッカー賞受賞作品である『昏き目の暗殺者』とネットフリックスでドラマ化が予定されている『Alias Grace』(原題)の表紙を再びデザインして来月に出す予定だ。

文学ドンネもことしも受賞候補作家の作品出版を急いでいる。ラッドブロークスで11位を占めたノルウェーの作家ヨン・フォッセの『朝そして夕方』(原題)、12位に上ってきたアルバニアの作家イスマイル・カダレの母との葛藤を描いた自伝的な作品『Kukulla』(原題)などだ。16位であるフィリップ・ロスの『プロット・アゲンスト・アメリカ』も来月出版する計画だ。

文学ドンネのイ・ヒョンジョン海外文学1チーム部長は「すでに出版された本は在庫も版権も確保したが、まだ出版されていない作家はノーベル賞の発表を控えて出版準備を急いでいる」として「普段、海外文学分野に関心を持って同時代の重要な作家の主な作品の版権を常に多く保有し、準備していなければ不可能なこと」と話した。