韓国製品、中国の内需市場占有率ダウン

  • 2015年4月13日

中国製品の韓国における内需市場占有率が上昇しているが、韓国製品の中国内需市場の占有率は下落傾向だと調査された。専門家たちは技術競争力の強化、韓中自由貿易協定(FTA)を活用した中国市場の攻略、代替市場の開拓といった対応案を用意しなければならないと指摘した。

現代(ヒョンデ)経済研究院が12日発刊した「韓中間相互輸入浸透率の特徴と示唆点」報告書によれば、中国製品の韓国内需市場占有率は2000年の2.6%から2013年は6%へと3.4ポイント上昇した。中国の内需市場内での韓国製品占有率は同期間に2.5%から1.4%に1.1ポイント下がった。