安倍首相の米議会演説に習主席、9月訪米時の演説推進

  • 2015年4月16日

中国政府が9月の習近平国家主席の米国訪問時に習主席が米議会で演説できるよう要請したと日本経済新聞が15日報道した。米国議会の決定にともない日中首脳間で再び「外交戦舞台」が米議会で繰り広げられる見通しだ。

日本経済新聞は米中の外交消息筋を引用し、ジェイコブ・ルー米国財務長官がオバマ大統領の特使として3月末に中国を訪問した際、中国政府がこのように要請したと伝えた。

中国側の議会演説要請は今月29日に日本の安倍晋三首相の米上下院合同演説に対抗すると同時に、習主席自身が対米協力方針を直接明らかにすることによって米議会内の中国脅威論を緩和しようとする意図と思われるとこの新聞は伝えた。議会演説で安倍首相が戦後70年の歴史に言及することに対抗し、習主席も歴史認識問題を取り上げることによって日本を牽制するだろうとの見方が出ている。