韓経:東南アジア1位のKビューティーモール「アルテア」 65億ウォン投資誘致

  • 2017年8月1日

インドネシアやフィリピンなど東南アジアに韓国の化粧品を販売するオンラインショッピングモール「アルテア(Althea)」が65億ウォン(約6億4000万円)規模の投資誘致に成功した。

投資銀行(IB)業界によると、アルテアは産業銀行などから65億ウォンの投資金を集めた。シンガポールファンドなども投資家として参加した。インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール、タイなど東南アジアの国々に韓国化粧品を輸出している「アルテア」は今回の投資を契機に台湾、ベトナム、香港などに事業地域を拡張する計画だ。

アルテアはカン・デオプ社長とソーシャルコマース会社チケットモンスターの創業者シン・ソンユン取締役、米ウォートンスクール出身のキム・ジェユン取締役が2015年7月に共同で設立した会社。幅広い商品と低価格、現地人に最適化したサービスなど噂が広まり、東南アジア市場1位の韓国化粧品販売ショッピングモールに成長した。

アルテアは60ブランド・約2000種類の商品を扱っている。韓国中小企業ブランドがアルテアの全体ブランドの半分を占める。アルテアの関係者は「言語と決済システム、マーケティング、顧客サービスなどをすべて現地化したことが成功につながった」とし「韓国化粧品がグローバル市場に成長していく関門の役割をするだろう」と述べた。