韓経:今年の世界半導体市場、4000億ドル超か

  • 2017年7月13日

世界半導体市場の規模が4000億ドルを超えるという見方が強まっている。こうした好況は少なくとも2019年4-6月期まで続く見込みだ。

市場調査会社ガートナーは12日、今年の世界半導体市場規模を前年比16.8%増の4014億ドルと予想した。2010年に3000億ドルを突破して以来7年ぶりに4000億ドルを超える見通しだ。2000億ドルを上回ったのは2000年だった。メモリー市場規模が前年比52%増え、市場規模の拡大につながった。

ガートナーでリサーチを総括するアンドリュー・ノウド副社長は「DRAM、NAND型フラッシュメモリーを問わずメモリー市場全般に供給不足現象が表れ、関連企業の売上高と収益が増加している」と説明した。