韓経:年間最高収益率の海外ファンドは「日本」

  • 2017年7月12日

日本の株式に投資するファンドが海外ファンドのうち過去1年間の収益率でトップになった。インドと中国のファンドが今年に入って20%ほどの収益を出したが、年間収益率では日本ファンドと大きな差があった。

金融情報提供会社ワイズエフエヌによると、日本株式型ファンド(27件)の過去1年間の投資収益率(10日基準)は32.51%だった。国別の収益率(設定額100億ウォン以上基準)で最も高い。2位のインド(収益率22.04%)、3位の中国(19.6%)とも大きな差が開いた。量的緩和政策で流動性が増えたうえ積極的な規制改革が続き、日本企業が復活した結果という分析が出ている。

海外ファンドのうち収益率上位の商品も日本ファンドが多かった。韓国投資KINDEX日本レバレッジ上場指数ファンド(ETF)とKBSTAR日本レバレッジETFがそれぞれ74.90%と72.13%で1、2位となった。これらETFは東京証券取引所のTOPIX指数を追従する商品。指数が着実に上昇したことで指数上昇分(32.36%)を大きく上回る成果を出した。一般株式型ファンドに比べ倍以上の収益率を追求するレバレッジファンドは、追従する指数の方向性が一定である場合、収益率が最大化する。

イーストスプリング資産運用が販売するイーストスプリングダイナミックジャパンはレバレッジ効果なしに海外ファンド収益率4位(49.18%)に入った。このファンドはファンダメンタルが堅調な日本企業株30-50銘柄に集中投資する。イーストスプリングのイェ・ビョンヨン・マーケティング常務は「日本企業の大々的な構造改革の効果が表れ、株価上昇の余力が大きく高まった」とし「バリュエーション(実績比の株価水準)が魅力的な企業が増え、今後も良い成果を期待できる」と述べた。