韓経:「サラリーマン神話」鄭祐泳ホンダコリア社長、5%保有の株価が10年間で20倍に

  • 2017年7月6日

ホンダコリアの鄭祐泳(チョン・ウヨン)社長

輸入自動車会社ホンダコリアが昨年、過去最高の実績を出した中、同社の鄭祐泳(チョン・ウヨン)社長の保有株の価値も急増している。1976年に大林(デリム)自動車に入社した鄭社長はホンダコリアの代表であり5%の株主として「サラリーマン神話」を築いているという評価を聞く。

金融監督院の電子公示システムによると、ホンダコリアは2016会計年度(2016年4月1日-2017年3月31日)の実績が売上高2795億ウォン(約275億円)、営業利益262億ウォンだった。前年比で売上高は31.0%増、営業利益は53.4%増。純利益は37.1%増の213億ウォンだ。年間売上高・純利益で過去最高の実績となった。同社は昨年「アコード」をはじめとする中型セダンを前に出して韓国国内で6636台を販売した。前年比47.1%増えた。

持ち株比率5%の鄭社長の株式価値も大幅に上昇した。国内自動車企業の平均株価収益率(PER、株価/1株あたり純利益)の11倍を適用して算出したホンダコリアの価値は2343億ウォン(純利益×PER)にのぼる。単純計算で鄭社長が保有する株式の価値は117億ウォンと推算される。

鄭社長は2001-07年、日本のホンダからホンダコリア株5%を6億ウォンほどで取得した。10年間で保有株式価値が20倍近く増えたのだ。2年間に5億5500万ウォンの配当金も受けた。ホンダコリアは2007年から配当していなかったが、2015年、16年にはそれぞれ47億ウォン、64億ウォンを株主に配当した。

鄭社長は2000年に大林自動車代表に就任した。大林自動車との合弁でバイク事業をしてきたホンダがこれを清算し、2001年にホンダコリアを設立して鄭社長を迎えた。鄭社長はホンダコリアに移って5%の株を取得し、17年間にわたり代表を務めている。ホンダコリアは今年1-5月、前年同期比約50%増の3635台を販売した。