韓国SKハイニックス、半導体世界4位に飛躍

  • 2015年4月23日

SKハイニックスが世界半導体業界で売上基準5位から4位に上昇した。

22日、市場調査機関「IHS Technology」によると、SKハイニックスは昨年161億1300万ドルの売上高で米国マイクロン・テクノロジ(161億1000万ドル)を300万ドルの差で抜いて業界4位を記録した。歴代最高順位だ。

SKハイニックスはDRAMとNAND型フラッシュメモリーを核心とするメモリー市場では2位だが、システム半導体市場では存在感がなく全体半導体業界の順位(ファウンドリ除外)が2001年の時点で業界19位に過ぎなかった。

その後、DRAM業界の“チキンゲーム”が終了して勝者として生き残り、2011年8位、2012年6位、2013年5位と順位を上げていった。昨年は前年に比べて売上が25.8%増えて1段階ランクを上げることに成功した。