韓経:サムスン、東京にギャラクシーS8体験ゾーン

  • 2017年5月29日

25日、東京表参道にオープンしたギャラクシースタジオで観覧客がバーチャルリアリティー機器「ギアVR」を体験している。(写真=サムスン電子提供)

サムスン電子が6月上旬に日本1・2位の通信企業NTTドコモとKDDIを通じてギャラクシーS8シリーズを発売すると28日、発表した。

日本で販売されるギャラクシーS8はミッドナイトブラック、オーキッドグレー、コーラルブルーの3色、ギャラクシーS8プラスはミッドナイトブラック、アークティックシルバーの2色。

日本発売製品には現地消費者がよく使用するモバイルテレビサービスのワンセグとフルセグ、決済サービスのフェリカ(felica)を搭載し、日本語専用入力器を適用した。

サムスン電子は製品発売前の25日、東京表参道のバンクギャラリーにギャラクシーS8シリーズ体験ゾーン「Galaxy Studio」をオープンした。7月3日まで路上ファッションフォトコンテスト、顧客ケアサービス活動を行い、年末まで日本全国にギャラクシースタジオを拡大する計画だ。

サムスン電子はこの日、ギャラクシーS8シリーズの韓国国内開通量が100万台を超えたと公開した。4月21日の発売から37日目だ。