サムスン、ギャラクシーS6効果…スマートフォン営業利益38%増

  • 2015年4月27日

サムスン電子の今年1-3月期のスマートフォン部門の営業利益が昨年10-12月期に比べ40%近く増えた。サムスンのスマートフォン事業が昨年下半期の不振を抜け出し、本格的な回復局面に入ったという分析が出ている。

サムスンと業界によると、サムスン電子スマートフォン事業を担当するIT・モバイル(IM)部門は1-3月期、2兆7000億ウォンの営業利益を出した。証券業界の推定値(2兆4000億-2兆5000億ウォン)を上回る「サプライズ実績(アーニングサプライズ)」だ。昨年10-12月期(1兆9600億ウォン)に比べ38%増えた。高強度のコスト削減とギャラクシーS6(ギャラクシーS6エッジ含む)効果のためだと、専門家は分析した。

サムスンの今年の主力スマートフォンであるギャラクシーS6は10日、世界で発売された。世界移動通信会社の予約効果は3月の実績に一部反映された。

半導体・ディスプレーを担当する部品(DS)部門の営業利益は3兆4000億ウォン(約3760億円)と、前期(3兆1300億ウォン)比で小幅増加した。

一方、テレビなど消費者家電(CE)部門は昨年10-12月期の1800億ウォンの黒字(営業利益基準)から、今年1-3月期には1300億ウォンの赤字に転じた。ドル高による欧州と新興国の通貨安の打撃を受けた。

サムスン電子は29日、1-3月期の確定実績と事業部門別の実績を発表する予定だ。1-3月期の営業利益全体は5兆9000億ウォン台後半となり、今月初めに公示した5兆9000億ウォンよりやや増えるという。