韓経:「中国THAAD報復」緩和の期待感…化粧品・エンタ・免税店株が上昇

  • 2017年5月18日

THAAD(高高度防衛ミサイル)配備による中国政府の報復で下落していた韓国の化粧品・エンターテインメント株が反騰している。文在寅(ムン・ジェイン)政権の発足で中国との関係が改善するという期待感が高まっているからだ。

17日の株式市場でアモーレパシフィック(化粧品企業)株は6000ウォン(1.71%)高の35万7500ウォンで取引を終えた。新政権発足から1週間で7.36%上昇した。1-3月期の実績は良くなかったが、今後、中国市場と免税店で販売が増えるという見方が株価を引き上げたという分析だ。LG生活健康(2.46%)、リーダースコスメティック(9.09%)、コリアナ(7.39%)、韓国化粧品(8.23%)、コスマックス(2.31%)なども一斉に値上がりした。

エンターテインメント株も上昇した。SM(5.11%)、YGエンターテインメント(3.18%)、キーイースト(2.54%)などの株価が上がった。韓流スターの広告と音楽が再び紹介されるなど中国内の雰囲気が変わっているからだ。

免税店を運営する企業の株価も値上がりしている。中国政府が韓国団体観光禁止令を解除するという噂が広まり、「中国人団体観光客の帰還」に期待感が高まったからだ。ホテル新羅、ハンファギャラリアタイムワールドの株価はそれぞれ4.63%、3.95%上昇した。THAAD報復の直撃弾を受けたロッテショッピング株も2.58%高の27万8000ウォンとなった。この1年間の最高値だ。一時は28万ウォンに達した。

大信証券のユ・ジョンヒョン研究員は「文在寅政権の発足をきっかけに中国のTHAAD報復が解除されるという期待感が高まっている」とし「来月済州(チェジュ)で開催されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)年次総会まで両国間の和解の雰囲気が続く可能性が高い」という見方を示した。