ウォン高円安、100円=900円割れ

  • 2015年4月29日

外換銀行のディーラーが28日、ディーリングルームでモニターを見つめている。この日、ウォン・円為替レートは24日に続いて今月2度目の100円=900ウォン割れとなった。

先週に続いてまた100円=900ウォンを割った。28日のウォン・円為替レート(午後3時基準)は100円=898.56ウォンとなった。100円=800ウォン台までウォン高円安が進んだのは24日に続いて2度目。

韓国株式市場での外国人買いと輸出業者のドル売りで韓国ウォンが値上がりした。今年に入って外国人はドルや円、ユーロを韓国ウォンに両替し、国内株式を合計7兆3957億ウォン分買っている。輸出業者も最近、決済代金として受けたドルを売り、ウォン高につながった。これを受け、この日ウォンは対米ドルで3ウォン値上がりし、今年の最高値の1ドル=1070ウォンとなった。

外国為替市場ではウォン高基調がしばらく続く可能性が高いという見方が多い。29日(現地時間)に米連邦公開市場委員会(FOMC)会議で利上げを警戒する発言が出てくる可能性が高く、外国人の国内株式投資が増えているからだ。