韓経:ソウル市、日本「ゴールデンウイーク」に合わせて割引・体験イベント

  • 2017年4月18日

ソウル市が日本のゴールデンウイークを控え、外国人観光客を迎える準備をしている。

ソウル市は28日から来月7日までを「外国人観光客歓待週間」に指定し、日本と東南アジアの観光客を対象に大々的な割引・体験イベントをすると17日、発表した。

ソウルの東大門(トンデムン)と南大門(ナムデムン)、弘大(ホンデ)に歓待ブースを設置し、無料で韓服を貸与する。四大門内の韓服レンタル店では貸与料が20%割引される。

明洞(ミョンドン)観光情報センターでは毎日午前11時から午後5時まで観光客30人を対象に「アイ・ソウル・ユー」(I・SEOUL・U)ティーシャツ作りイベントが行われる。日本や東南アジアなどの観光客を対象に「ソウル旅行思い出公募展」を開き、9月まで毎月2人を選定してソウル行き往復航空券をプレゼントする。