スマートフォン・自動車も輸出急減…労働コスト上昇で企業が海外生産増やす=韓国(2)

  • 2015年5月6日

自動車も状況は似ている。3月の自動車輸出台数は27万7874台と、前年同月比2.6%減少した。一方、3月に国内自動車会社が海外で生産した自動車は前年同月比5.2%増の40万1784台と、過去初めて40万台を超えた。今年1-3月期に期間を増やせば海外生産量は110万6901台に増える。国内生産(110万8116台)との差が1000台余りに縮まった。

韓国スマートフォンと自動車の競争力には大きな変化がない。ギャラクシーS6は発売1カ月足らずで販売量が1000万台を超えたと推定される。歴代モデルのうち最短期間の1000万台販売達成という期待が大きい。LGのG4も予約販売が集中している。現代・起亜自動車も今年1-3月期、米国高級車市場シェアが初めて10%を超えた。産業部の関係者は「輸出が急減した最も大きな要因は、国内企業が高賃金など低い生産性を理由に海外生産量を増やしているため」と分析した。米ゼネラルモーターズ(GM)は最近、韓国の労働コストが過去5年間に50%も上がった点を根拠に、アジア生産拠点を韓国からインドに移すことを検討しているのも同じ脈絡だ。

そうでなくても全体輸出が減少に転じた中、韓国の代表品目の輸出までが減り、産業部など関連部処は緊張している。国内生産基盤自体が弱まれば雇用創出はさらに難しくなるからだ。尹相直(ユン・サンジク)産業部長官が先月15日、輸出業界との懇談会で携帯電話・自動車業種に言及し、「国内工場の生産拡大を通じて輸出不振の打開を後押しする必要がある」と強調したのもこうした懸念からだ。

産業部は最近、主要企業の国内生産規模を詳細にチェックしている。しかしすぐに効果が出るとは考えにくい。業界関係者は「企業環境はそのままで、グローバル生産戦略を突然修正することはできない」と話した。