フィリピンが韓中日を抑えて船舶受注1位になった理由

  • 2015年5月7日

フィリピンが韓国・中国・日本などを抑えて先月、船舶受注1位になった。

英国の造船・海運分析機関クラークソンによると、先月、世界の船舶発注量は174万CGT(標準換算トン数、建造難易度などを考慮した船舶の重さ)だが、フィリピンはこのうち59万CGTを受注した。全体受注量の約34%にのぼる。韓国は53万3000CGT(シェア30.7%)を受注し、2位だった。中国は29万5000CGT(17.0%)、日本は14万9000CGT(8.6%)を受注した。

クラークソンは国別の受注量を集計する場合、フィリピンを別に分類しない。韓国と中国、日本、台湾を除いた「その他のアジア諸国」に含める。それだけ世界造船市場に占める比率が低いということだ。

フィリピンが韓中日などを抑えて受注1位になったのは、フィリピンにある韓進重工業スービック造船所が先月初め、大型コンテナ船9隻(51万CGT)を受注した結果というのが業界の分析だ。スービック造船所は先月、6メートルのコンテナ2万600個を積載できるコンテナ船(2万600TEU級)3隻と1万1000TEU級コンテナ船6隻を受注した。1月間の受注金額だけで1兆1000億ウォンにのぼる。

造船業界の関係者は「フィリピンが1位になったのは一時的な現象でなく、フィリピン企業でなく韓国企業の実績が反映された」と述べた。韓進重工業は釜山影島(ヨンド)造船所の敷地拡張が順調に進まなかったため、2006年からスービック造船所の着工を準備した。スービック造船所は面積基準で影島造船所の12倍規模(304万1322平方メートル)。2009年から本格稼働を始め、5年連続の黒字となった。大型船舶を建造できるドックを備えているうえ、人件費が韓国の5%にしかならず、コストを削減できたというのが、会社側の説明だ。

フィリピンを除けば韓国が3カ月連続で受注実績1位を守った。韓国は昨年10月から3カ月間、月間受注実績1位だったが、1月に日本にトップを明け渡した。韓国の今年1-4月の受注実績は353万CGTと、日本(177万CGT)や中国(171万CGT)の2倍にのぼる。