サムスン電子、15兆6000億ウォン先制投資…半導体トップ目指す(1)

  • 2015年5月8日

朴大統領が7日、サムスン電子半導体平沢(ピョンテク)団地起工式で発破ボタンを押す準備をしている。左から金奇南(キム・ギナム)サムスン電子半導体総括社長、元裕哲(ウォン・ユチョル)セヌリ党議員、南景弼(ナム・ギョンピル)京畿道知事、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、朴大統領、尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官、権五鉉(クォン・オヒョン)サムスン電子副会長、兪義東(ユ・ウィドン)セヌリ党議員。

サムスン電子が7日に着工した平沢(ピョンテク)半導体工場には総合半導体トップ企業に向けたサムスンの夢が込められている。平沢工場が竣工すれば、サムスンは器興(キフン)・華城(ファソン)・平沢とつながる世界最大規模の半導体クラスターを保有する。メモリー半導体1位のサムスンがシステム半導体部門も育成し、世界1位のインテルを越えようとしている。

権五鉉(クォン・オヒョン)サムスン電子副会長は「技術不毛地から始まったサムスン半導体事業がもう一度飛躍の準備する」と述べた。平沢工場では41兆ウォン(約4兆5000億円)の生産誘発効果と15万人の雇用創出効果が発生するとみられ、地域経済の活性化にも大きく寄与する見込みだ。

◆サッカー場400面分の大きさ

サムスン電子半導体平沢団地は韓国製造業のいくつかの記録を塗り替えた。2017年までに15兆6000億ウォンを投資する。単一投資では過去最大だ。第1期ラインだけの建設だ。サムスン電子が国内で大規模な設備投資を実行するのは、2012年の華城半導体17ライン新設投資以来3年ぶりとなる。

敷地は合計289万平方メートル(約87万5000坪)で、サッカー場400面の大きさとなる。従来の国内最大半導体生産団地である器興・華城工場を合わせた面積(約91万坪)とほぼ同じ規模だ。このうち第1期ラインの建設だけに79万平方メートルが使われる。大きさも過去最大だ。約3000人が工場で勤務し、工期は来年12月まで。

投資金額15兆6000億ウォンのうち5兆6000億ウォンはインフラと工場の建設に、10兆ウォンは半導体設備投資にそれぞれ投入されるという。金奇南(キム・ギナム)半導体総括社長は第1期ライン建設以後の追加投資に関する記者の質問に対し、「そうなることを望む」と述べ、追加投資の可能性を示唆した。

サムスンと京畿道(キョンギド)は今回の投資で41兆ウォンの生産誘発効果と15万人の雇用創出効果を期待している。素材・設備など関連効果で他の産業部門の活性化に及ぼす影響も大きいとみられる。また団地内外に協力会社が数多く集まり、中小企業・ベンチャー・スタートアップ(新生ベンチャー企業)生態系を形成すると期待される。

起工式に出席した朴槿恵(パク・クネ)大統領も期待を表した。朴大統領は起工式で隣に座った李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長に「投資の決定に感謝している」と述べたと、ある出席者が伝えた。李副会長も「努力する」と答えたという。