韓経:KT「5G、2年以内に世界初の商用化」

  • 2017年2月28日

黄昌圭(ファン・チャンギュ)KT会長

黄昌圭(ファン・チャンギュ)KT会長が2019年、第5世代(5G)通信を世界で最初に商用化すると公式宣言した。黄会長は27日、スペイン・バルセロナで開幕した「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2017」で「5Gの向こうの新しい世界」(New world beyond 5G)をテーマに基調演説し、このように明らかにした。

当初2020年としていた5Gの商用化目標を1年操り上げた。KTは2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で世界で初めて5G試験サービスをする予定だ。5G通信はデータ伝送速度が20Gbps(ギガビット毎秒)以上となる。第4世代(LTE)通信最高速度(500Mbps)より40倍以上速い。

黄会長は「5Gは単にネットワーク速度を向上させるレベルを越え、完全に新しい世界を開く」とし「5G基盤の知能型ネットワークは第4次産業革命の大動脈として、従来の産業と市場を完全に変えるだろう」と強調した。

黄昌圭KT会長が5G通信の早期商用化を宣言したのは、日本や中国との5G競争で遅れを取ることはできないという判断が作用した。日本最大通信企業のNTTドコモは2020年東京オリンピック(五輪)の開催に合わせて5Gの商用化を進めている。チャイナモバイル・チャイナテレコム・チャイナユニコムなど中国3大通信企業も2020年まで5Gサービスのための通信網整備に52兆ウォン(約5兆2000億円)を投入する計画を発表した。

5G関連技術標準の制定を主導し、自律走行、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータ、人工知能(AI)など5G基盤の融合サービス市場を先に確保するという趣旨でだ。グローバル市場調査機関IHSによると、5Gの生産誘発など2035年のグローバル経済効果は昨年の米国の全体消費支出に匹敵する12兆3000億ドル(約1386兆円)にのぼると予測された。

黄会長は5G技術の特徴を「以前の通信網とは比較できない速度、途切れない接続、超大容量データ伝送とともに『知能化』で差別化されたネットワーク」と述べた。例えば従来の位置確認(GPS)情報は野外で誤差範囲が10-30フィート(3-9メートル)だが、室内では100フィート(30メートル)にのぼるとし、地震など災難状況では全く役に立たないと指摘した。一方、5Gと連動するKTの「ギガ3次元位置探知」技術を適用すれば、室内でも誤差範囲が1フィート(30センチ)で位置情報を確認できると説明した。

5G時代にはネットワークと万物のインターネット(IoE=Internet of Everything)、ビッグデータ、AIなどが結びつく「知能型ネットワーク」の世界が開かれるという見方を示した。黄会長は「5Gは世の中のあらゆる事物と機器がネットワークにつながり、今とは比較できないビッグデータを作り出すだろう」とし「このビッグデータは環境、病気など人類の課題を解決する重要なカギとして活用される可能性がある」と話した。

KTは今回のMWCで移動電話ローミングデータを活用、感染病汚染地域訪問者を確認して検疫に活用できる「スマートゲート」ソリューションを公開した。海外旅行から帰国した入国者が携帯電話を持ってゲートを通過すれば、感染病汚染地域で通話またはデータ接続した履歴を確認し、検疫担当者に知らせる技術だ。