韓経:上昇する韓国ウォンの実質価値…金融危機以降で最高

  • 2017年2月20日

物価と貿易量を考慮した韓国ウォンの実質価値がグローバル金融危機以来の最高水準となった。過去1年間の上昇率は中国、日本、ドイツなどの競争国よりも高い。それだけ輸出価格競争力が急速に悪化しているということだ。

国際決済銀行(BIS)によると、1月の韓国の実質実効為替レート(REER)は111.17と、前月(110.57)比0.5%上昇した。実質実効為替レートは、各国の物価と貿易比率を考慮して算出した通貨の実際の価値を表す。2010年の100を基準に、これより高ければそれだけ高く評価されているという意味だ。

グローバル金融危機直後の2008年初めに120に近づいた韓国ウォンの実質実効為替レートは2009年3月に83.57まで下落したが、それ以降は上昇が続いた。原油安と高齢化による不況型黒字が続いたからだ。大規模な金融緩和を進めた日本や欧州などの通貨価値は相対的に下落した。過去1年を基準にしても実際、韓国ウォンは2.8%上昇し、日本円の上昇率(2.0%)より高い。同じ期間、中国人民元(-4.9%)、ドイツマルク(-0.6%)はむしろ落ちた。

シン・ミンヨンLG経済研究院経済研究部門長は「韓国ウォンの実際の価値は金融危機直前に1ドル=900ウォン台まで上がった2007年のピークにほとんど近づいた」とし「それだけ輸出企業の採算性が悪化する可能性が高いということ」と述べた。続いて「トランプ米大統領の保護貿易政策までが重なり、輸出はさらに厳しくなるかもしれない」と懸念を表した。