韓経:春節連休「中国人観光客を呼び込もう」…ソウル市が南山に大型フォトゾーン

  • 2017年1月20日

中国の春節(旧正月)連休を迎え、ソウル市が中国人観光客を呼び込むのに注力する。

ソウル市は19日、有名観光コースの南山(ナムサン)に直径3メートルの大型造形物「スノーグローブ」を設置し、中国人観光客を対象に新年の祈願ができるフォトゾーンを用意すると発表した。

明洞(ミョンドン)、梨泰院(イテウォン)、COEX(コエックス)など観光特区の飲食店100カ所では観光客を対象に10%割引イベントをする。20日から来月末まで韓国版ブラックフライデー「コリアグランドセール」イベントも続く。