韓経:韓国、ドローン技術開発に3年・500億円投資

  • 2016年12月7日

韓国政府がドローンなど国内無人機市場規模を10年以内に20倍に拡大することにした。技術開発に3年間で5000億ウォン(約500億円)を投資し、未来の産業に育成する計画だ。

周亨煥(チュ・ヒョンファン)産業通商資源部長官は6日、大田(テジョン)韓国航空宇宙研究院で開かれた「無人機産業懇談会」で、「1億5000万ドル規模の国内無人機市場を2020年に10億ドル、2025年に30億ドルに拡大する」と述べた。

産業部によると、今年56億ドル水準の世界無人機市場は2025年には239億ドルと4倍以上に拡大する見込みだ。かつて無人機は軍需用がほとんどだったが、最近は中国DJIの趣味用ドローンなど民需用の比率が半分近い。

産業部は無人機初期市場創出のためにエネルギー施設管理、山火事監視など公共分野を中心に需要を大幅に拡大する。これを通じて今後3年間に2000億ウォン以上の公共需要を創出する考えだ。高機能無人機の技術開発などのため来年から3年間、官民合同で5000億ウォンを投資する。

政府は来年3月までに部品素材、情報技術(IT)、金融、サービス分野の企業が参加する「無人機融合アライアンス」を構成し、融合生態系作りも進める。

また、全羅南道高興(コフン)、大邱(テグ)、釜山(プサン)など主要拠点別に性能試験、技術支援、実証テストなどが可能な無人機総合テストベッドを構築することにした。さらに大学の無人機関連学科の定員拡大と人材養成事業を通じて年間修・博士級50人、学士級250人の専門人材も確保する。