韓経:韓進海運発「貨物の離脱」現実化…韓国港湾の物流量5.8%減少

  • 2016年9月27日

先月の全国の港湾の物流量が1年前より5.8%減ったことが分かった。釜山(プサン)港の積み替えコンテナの処理実績も4.4%減少した。一方で世界各地のほかの主要港湾の物流量は概して増加傾向を見せた。韓進(ハンジン)海運事態による積み替え貨物の釜山港離脱が現実化するのではないかという憂慮が大きくなっている。

海洋水産部は今年8月に全国の貿易港で処理した港湾物流量が1億1445万トンで前年同月対比5.8%減少したと26日発表した。5.8%の減少は今年に入ってから最も良くない実績だ。コンテナ(マイナス0.7%)と非コンテナ(マイナス8.7%)の貨物がいずれも減った。港湾別には光陽(クァンヤン)港(マイナス11.4%)、平沢(ピョンテク)・唐津(タンジン)港(マイナス11.1%)、仁川(インチョン)港(マイナス11.0%)の順で減少幅が大きかった。

釜山港のコンテナ処理実績は159万6000TEU(1TEU=6メートルのコンテナ1個)にとどまり前年対比で2.8%減少した。輸出入(マイナス1.1%)よりも積み替え(マイナス4.4%)物量の減少幅のほうが大きかった。光陽港も積み替え貨物が22.2%減った。

釜山など主な港湾の8月の積み替え物量減少は韓進海運発の物流大乱を反映する前であるだけに、物流大乱が本格化した9月には物流量がさらに大幅に減少したと海水部は推定した。

振るわない実績をみせた釜山港(世界5位)とは違い、世界の主要港湾のコンテナ物流量は大幅に増えた。1位の上海港(物流量増加率4.8%)をはじめ2位のシンガポール港(6.2%)、4位の寧波-舟山港(11.7%)など釜山港と競争する港湾の多くのコンテナ処理実績が増加した。10大港湾全体平均でも5.0%増えた。

物流量の見通しも暗い。専門家たちは韓進海運事態によって韓進海運と同盟船会社が年間に釜山港で処理する積み替えコンテナ147万個余りのうち最低半分の73万個をほかの競争港湾が持っていくと予想している。海水部は「当分9~10月には国内に復帰する韓進海運コンテナ船の荷役物量などで統計上、減少幅は大きくないだろう」と予想した。