韓経:クルーズ船観光の誘致に力入れる日本、ようやく本腰入れ始めた韓国(2)

  • 2016年9月16日

◆韓国出発クルーズ船を増やすべき

韓国を訪問するクルーズ船と観光客はかなり増えたが、韓国を母港として出発するクルーズ船はまだ少ない。2012年に初めてクルーズ船会社ハーモニークルーズが2万トン級クルーズ船を就航したが、翌年1月に運航を中断して廃業した。その後、韓国を出発するクルーズ船は一部の旅行会社が外国船を短期賃貸する形で運営されている。

韓国を母港として出発したクルーズ船は今年15回、1万5000人規模にすぎない。昨年、母港出港客が22万人に達した日本と比較すると15分の1水準だ。海洋水産部は来年、韓国から出発するクルーズ船を37回、乗客を2万2400人に増やす計画だ。ロッテ観光開発は来年5月に束草(ソクチョ)を出港してロシア・北海道などを経て韓国に戻る環東海クルーズ船を2回運航することにした。

済州(チェジュ)・釜山(プサン)など一部の港にクルーズ船観光客が集中する現象も改善する必要があると指摘されている。昨年韓国を訪問したクルーズ船観光客87万人のうち済州(62万人)と釜山(16万人)が大半を占めた。業界の関係者は「日本は30カ所以上の寄港地にクルーズ船観光客が分散しているが、韓国は偏りが大きい」とし「より多くの港にクルーズ船の入港が可能になるよう政府と地方自治体が関心を持つべきだ」と話した。