韓経:構造調整中の韓国造船業界、新入社員採用を中止・大幅減

  • 2016年9月7日

構造調整をしている造船業界が新入社員の採用を中止したり大幅に減らしたりした。

6日業界によれば現代(ヒョンデ)重工業は今年下半期に事業本部別の技術・研究分野の新入および中途社員を一部採用することに決めた。採用規模は100人を超えないという。これまで毎年新入社員700人、中途社員300人など1000人余りの人材を選んだことと比べると大きく減った。上半期に500人余りを採用したのを合わせても今年の採用規模は例年の半分程度にとどまる見通しだ。

サムスン重工業と大宇(デウ)造船海洋は下半期の採用をしない計画だ。新規採用は当分しないと伝えられた。2社はいずれも受注絶壁、実績不振などで難しい状況だからだ。大宇造船海洋は当初20~30人程度の新規採用を進めていた計画が失敗に終わった。