韓経:訪韓予定のGM会長が突然取り消し なぜ?

  • 2016年8月25日

メアリー・バーラGM会長

今月末に予定されていたメアリー・バーラ・ゼネラルモーターズ(GM)会長の訪韓が突然取り消しになった。労組のストライキなど労使関係の悪化のためという観測が出ている。

韓国GMによると、バーラ会長は30日に在韓米国商工会議所の主催で開かれる懇談会で「グローバル自動車市場の展望とGMの未来技術戦略」をテーマに講演する予定だった。バーラ会長はグローバル主要自動車企業では初の女性最高経営責任者(CEO)となり、米国経済専門誌フォーブスが今年「グローバル財界で最も影響力のある女性」に選んだ人物。初の訪韓となるバーラ会長は韓国GM富平(プピョン)工場も訪問する計画だった。

しかし韓国GMは招請状発送の2日後、この日の行事が中止になったと公示した。韓国GMは「バーラ会長の韓国訪問が避けられない日程変更のため延期になり、今後、訪韓日程が再調整される予定」と理由を説明した。

一部ではバーラ会長の訪韓取り消しについて、賃金団体交渉過程で使用者側と対立している韓国GM労組のストの影響があるのではという見方が出ている。労組は11日以降、4時間ずつ部分ストを行い、最近は使用者側と交渉する代わりにGM首脳部に会いにシンガポールを訪れたという。