韓経:「韓国男性ビューティー文化、世界に広まっている」

  • 2016年8月9日

伝統的に男性消費者は化粧品市場の主要顧客層でない。しかし最近は変化が起きている。

ラボシリーズのオクタビオ・バルデス副社長は8日、韓国経済新聞のインタビューで、「ローション一つで十分だった過去とは違い、さまざまな化粧品を求める男性消費者が増えている」とし「韓国男性消費者の化粧品文化が世界に広まっている」と述べた。ラボシリーズは1987年に発売された世界初の男性専用化粧品ブランド。韓国には1991年に入った。

バルデス副社長はマーケティング・調査専門役員。世界の消費者の好みと特性を調査し、新製品の開発やマーケティング戦略に反映する。バルデス副社長の説明によると、今まで男性と女性は化粧品に異なる認識を抱いていた。化粧品を「美しさ」など抽象的な価値と関連づけて考える女性とは違い、男性消費者は「顔を洗う製品」「顔の乾燥を防ぐ製品」など機能的に認識してきたということだ。しかし2000年代半ばに韓国では化粧品をかっこよく見えるために使う男性消費者が登場した。新しい消費層が誕生したのだ。

バルデス副社長は「韓国の男性は世界で最も繊細でおしゃれに関心が多い」とし「調査の結果、このような文化が中国と日本に広まり、今では欧州と米国にまで伝えられているという点を発見した」と述べた。特に、米国のミレニアル世代を中心にこうした変化が目立つと説明した。

韓国市場はラボシリーズが進出した30カ国のうち最も売上高が多いところだ。バルデス副社長は「BBクリーム、クッションなど韓国で誕生して世界的に流行した化粧品が多い」とし「ラボシリーズは韓国に『革新ハブ』を置いて化粧品の流れを調査する」と説明した。

ラボシリーズが2012年に発売した男性用BBクリームも、韓国で当時流行していたBBクリームを男性の肌向けに開発したものだ。この製品は発売から2週間で韓国と台湾で売り切れた。ラボシリーズは基本製品群「レスキュー」シリーズのほかにも製品の種類を増やしている。年初には機能性高価製品群「ブイリフティング」ラインを発売し、3月には男性用パックも出した。若者向けにオンライン販売も強化している。年内に中国オンラインモールの天猫(Tモール)に入店する予定だ。

バルデス副社長は「美容に関心があるが、化粧品をどのように使用すればよいのか分からないという男性のために、使用法を動画に制作することにした」と明らかにした。この映像には米国ブロードウェーで活動する俳優が出演する。15日からラボシリーズ公式ホームページで見ることができる。