韓経:ロボットが運用する「韓国型ヘッジファンド」登場

  • 2016年7月19日

ロボットが運用する韓国型のヘッジファンドが来月初めて発売される。

囲碁の人工知能プログラム「アルファ碁」熱風と共に注目されたロボアドバイザー(人工知能ロボットを活用した投資相談)企業が、一般投資家の領域である公募ファンドだけでなく高額資産家が利用するヘッジファンド市場へと領域を広めつつある。

◆派生商品・債権など「マルチ戦略」

18日、金融投資業界によれば国内で初めてロボアドバイザーを活用した公募ファンド(キウムクォーターバックグローバルロボアドバイザーファンド)を発売した「クォーターバック投資相談」が、ヘッジファンド運用会社の転換を申請して来月初めてヘッジファンド商品を出す。今週予定されたヘッジファンド運用会社転換のための金融監督院の実態調査を通過すれば、来月初めての商品を発売する予定だ。

韓国型ヘッジファンドは49人以下の投資家から最低1億ウォン(約1000万円)以上をもらって株式・債権・派生商品など多様な資産に投資する商品だ。

クォーターバック投資相談は、ビッグデータやアルゴリズム(演算規則)を活用して海外市場で取引される上場指数ファンド(ETF)に分散投資する戦略を基本としている。このヘッジファンドは価格が下がりそうなETFを空売りするショート投資技法とレバレッジ・インバースETF、債権、派生商品取引など多様な戦略を追加で活用する計画だ。クォーターバック投資相談のチョ・ホンレ最高投資責任者(CIO)は「派生商品市場でもコンピューターが自らデータミスを点検する機械学習(machine learning)機能を活用できる」として「多様な資産配分の戦略を通じて変動性を低くする」と説明した。このファンドの年間変動性(目標収益率)は10~15%水準と設定された。

昨年から市場に本格的に参入したロボアドバイザー企業は、低い変動性を基に着実に成果を上げている。ファンド評価機関エフエヌガイドによれば、キウムクォーターバックグローバルロボアドバイザーファンドは4月から販売を始めてから2.60%(7月15日基準)の収益率を上げた。680の海外株式型ファンドの平均収益率(マイナス4.49%)より7.09ポイント高い。ブレグジット(英国の欧州連合脱退)が決定した先月24日以降は1.98%の収益率を上げている。

◆企業間「玉石選り分け」展望も

後発のロボアドバイザー企業も活動領域を広げている。BSMITは、国内ロボアドバイザー企業の中で初めて日本の中位圏証券会社であるSMBC日興証券にロボアドバイザーシステムを輸出するための了解覚書(MOU)を近く締結することにした。この会社のロボアドバイザーのエンジン「ファボット」は国内株式と上場ETFに投資して年初以降5.94%(代表口座基準)の収益を上げている。NH-アムンディ資産運用は来月初めにDecember&Companyと手を組んで国内第2号のロボアドバイザー公募ファンドを出す方針だ。

専門家たちはロボアドバイザー企業が近い将来、退職年金市場まで進出すると見ている。徹底した資産配分を基に外部衝撃に耐えられるよう設計されたロボアドバイザーシステムが長期間にわたって着実な成果が必要な退職年金市場に適合するということだ。米国のBettermentなどロボアドバイザー企業も退職年金市場に進出した後、4年間で年平均48.5%成長した。

ただし損益分岐点を超えた企業が出ていない状況で、企業間の「玉石の選り分け」が始まるだろうという展望も出てくる。資本市場研究院のイ・ソンボク研究委員は「Bettermentはファンドを販売して6年になるが、いまだ損益分岐点に到達できていない」として「損失を見た企業が出始めれば市場への参入と退出が頻繁に起きるだろう」と見通した。