韓経:サムスンのロゴが青から黒に

  • 2016年7月7日

サムスン電子が今年に入ってギャラクシーS7など主力製品の広告を出す際、社名のロゴを黒色にしている。昨年4月から広告などで伝統のオーバル(楕円形)マークの代わりに文字マークを使用し始めたのに続き、サムスンのカラーだった青色も黒色に変えている。サムスンの「ブルー」が「ブラック」に変わっているという観測が出ている。

業界によると、サムスン電子は今年から主に黒色をロゴに使用している。これまでサムスンはSAMSUNGのロゴを「青をバックに白の文字」で使ってきたが、最近は「黒に白の文字」または「白に黒の文字」で使用している。

業界関係者は「サムスン電子は新しい消費層に浮上するミレニアル世代(10代半ば-30代半ば)は黒を好むと判断し、ブラックを主に使用することにしたようだ」と話した。

これは主力製品のギャラクシーS7の広告でも分かる。ギャラクシーS7はロゴだけでなく包装材、広告の色がブラックだ。2月に米ニューヨークにオープンしたマーケティングセンターのサムスン837はロゴだけでなく内部インテリアまで黒色を使用している。