韓経:【取材手帳】中国で押し出される韓国電子企業

  • 2016年6月29日

中国最大オンラインショッピングモール「京東」で空気清浄器を検索すると、フィリップスの製品が最上段に登場する。販売実績などを総合的に反映した結果だ。TCLなど中国製品に比べて2倍ほど高いにもかかわらずだ。フィリップスの関係者は「中国人はフィリップスをラグジュアリーブランドと考える。販売実績は良くなっている」と話した。

一方、韓国電子業界の中国での実績は良くない。サムスン電子の昨年の中国での売上高は約30兆ウォン(約3兆円)と、2年前(約40兆ウォン)に比べ10兆ウォンほど減った。LG電子も似ている。

売上高が減少すると、中国法人の規模やマーケティングに投資する費用も減った。北京市内を歩いたり中国のテレビを見ると、サムスンギャラクシー(スマートフォン)以外に韓国ブランドの広告はあまり見えない。蘇寧などの総合家電販売店でもサムスンやLGの製品が占める売り場の面積は毎年減っている。流通網への投資を縮小したためとみられる。

サムスンやLG電子の関係者は「中国企業の低価格攻勢が激しく、中国政府も自国の企業に有利な政策を出し、多国籍企業は成長しにくい」と吐露する。一理あるが、多国籍企業の中でもフィリップスのように成功事例は存在する。中国企業が価格だけで攻勢をかけるという話も正しくない。

華為(ファーウェイ)のスマートフォンはほとんど2000元(約35万ウォン)以上であり、4000元を超える製品もある。それでもよく売れる。韓国スマートフォンを使用しているある中国人は「修理に出せば中国の会社より長い時間がかかり、修理費を含む修理条件がはるかに不利」とし「価格でなくサービスのためにも次は中国製品を買う」と語った。ある電子企業の中国法人の関係者は「中国の会社に比べて人材は5分の1にもならないが、本社はコスト、人員削減の話ばかりする」と言ってため息をついた。

中国が他国に比べて事業が容易でないのは事実だ。しかし困難を克服すればそれだけ成果も大きい。プレミアム家電市場だけでも多くの国の家電市場全体よりも大きい。韓国企業が目の前の困難のため中国であまりにも委縮しているのではないだろうか。