韓経:米財務長官「中国の過剰生産、世界経済むしばむ」

  • 2016年6月7日

世界主要2カ国(G2)の米国と中国が鉄鋼供給過剰、北朝鮮の核、南シナ海問題などをめぐり激突した。

ルー米財務長官は6日、中国北京の釣魚台国賓館で開かれた第8回米中戦略経済対話の開幕式で、「中国は世界の貿易秩序を乱す鉄鋼の過剰生産をさらに減らさなければいけない」と述べた。ルー長官は精華大での講演でも「過剰生産は中国経済だけでなく世界経済をむしばむ」とし「過剰生産による中国の鉄鋼低価格輸出攻勢が米国の雇用を奪っている」と批判した。

ケリー米国務長官は北朝鮮核問題および南シナ海問題で中国に圧力を加えた。ケリー長官は「米国と中国は北朝鮮の核問題に対し、歩調を合わせて持続的に圧力を加えなければいけない」と主張した。朝中関係の改善で国連の対北朝鮮制裁措置が有名無実化することがあってはいけないという点を明確にしたのだ。南シナ海問題についても「米国は中国の平和的『崛起』を歓迎する」としながらも「いかなる国も海洋葛藤問題で一方的な行動をしてはならない」と強調した。

中国の習近平国家主席はこの日の開幕式の祝辞で「解決が不可能な葛藤は相互尊重の建設的な態度で適切に統制していく必要がある」とし「アジア・太平洋は国際協力の大きな舞台にならなければいけない」と述べた。アジア・太平洋地域での葛藤と協力に言及したのは、南シナ海問題で中国に圧力を加える米国をう回的に批判したものと分析される。

中国の楼継偉財政相はこの日の記者会見で、「民営企業の鉄鋼生産量が52%にのぼり、企業の減産を強制するのは難しい」と米国の減産要求を一蹴した。