「MERS事態、3カ月続けば経済的損失20兆ウォン」=韓国

  • 2015年6月12日

韓国経済研究院は11日、「中東呼吸器症候群(MERS)事態の経済的効果分析」という報告書で「MERS事態が8月末まで3カ月ほど続く場合、国内総生産(GDP)の損失額が20兆922億ウォンに達するだろう」と分析した。年間GDPが1.3%ほど減るということだ。

今年8月末までにMERS事態が落ち着かなければ隔離者は2万人を上回り、感染者は648人に達すると推定した。これによる労働損失額は610億ウォンに達して物流サービスや飲食宿泊業、娯楽需要は60%減少すると分析した。