韓経:国債利回りが急騰…「韓国版量的緩和」期待消える

  • 2016年4月15日

国庫債の利回りが14日、一斉に上昇(債券価値下落)した。4・13総選挙で与党セヌリ党が惨敗した影響で、韓国銀行(韓銀)の利下げに対する期待が弱まったからだ。KOSPI(韓国総合株価指数)は海外株式市場の好調を受け、半月ぶりに2000を回復した。

この日、債券市場で市場の指標金利となる3年満期国債の利回りは前営業日比0.037%上昇した年1.502%で取引を終えた。外国人はこの日、先物市場で3年満期国債先物1万6495枚(1兆6495億ウォン分)を売り越し、利回り上昇につながった。10年満期国債の利回りも0.053%上昇した年1.844%で取引を終えた。