韓経:<輸出不振の理由ある>韓国、10大輸出品目が不振…世界交易量が減少

  • 2016年3月25日

韓国が、競争国に比べ主力輸出品目の不振による衝撃をより大きく受けているという分析が出てきた。

韓国経済研究院は24日「10大輸出品目の依存度、国際比較と示唆点」という報告書で「新たな主力輸出品目の発掘が急務だ」としてこのように指摘した。報告書によれば韓国の10大輸出品目は、国際貿易分類(SITC)基準で電気機械装置や機器、自動車、石油製品、そのほか輸送装備、通信および録音機器、専門・科学・統制器具、鉄鋼、プラスチック製品、有機化学物、産業用一般機械および装備だ。

これらの品目が世界交易量に占める割合は、2011年の48.3%から2014年は45.6%に2.7ポイント低くなった。10大輸出品目が世界交易量に占める割合は同期間で米国が51.9%から49.7%に、日本が37.9%から37.0%にそれぞれ下落したが、その幅は韓国よりも小さかった。一方で中国は39.6%から40.5%にむしろ上昇した。

また韓国の全体輸出において10大主力品目が占める割合は75.7%で、米国(55.4%)や中国(67.8%)、日本(69.8%)に比べて高いことが分かった。

こうした中で昨年の韓国の10大輸出品目のうち6品目の輸出単価が下落し、相対的に打撃がより大きかったという分析だ。石油製品(マイナス41.1%)、有機化学物(マイナス30.8%)、鉄鋼(マイナス17.6%)、その他輸送装備(マイナス6.9%)などが単価下落を主導した代表的品目だ。

韓国経連は2004年から2014年まで10大主力品目の価格変動性は全て全体平均の9.3%よりも高かったと説明した。価格変動性が大きい上位3品目である石油製品(30.5%)・電気機械装置(29.5%)・プラスチック製品(25.7%)が全体輸出に占める割合は2004年22.6%から2014年は31.0%へと8.4ポイント増加した。ビョン・ヤンギュ韓国経連マクロ研究室長は「安定的で持続的な輸出増大のために特定品目についての依存度を減らし新しい品目を開発することが急務だ」と話した。